2017年12月24日日曜日

福顔の酒で、福顔の人をつくる。笑う門には福来たる。福顔酒造

創業120年を記念した福顔(ふくがお)の特別純米酒です。
 酒米は地元・三条市下田江口地区で栽培された新潟独自の酒造好適米・越淡麗(こしたんれい)を100%使用。
越淡麗は試行錯誤15年。兵庫県産「山田錦」を母に、父には新潟県産「五百万石」で交配し、新潟で開発した新品種です。

山田錦は兵庫県など西日本で栽培され、高級酒に使用されてきました。五百万石は新潟県内で開発され新潟清酒をささえてきました。五百万石は後味が軽くスッキリとした飲みごたえ。山田錦は濃く膨らみのある味に定評があります。この2つの長所を引き継いだのが「越淡麗」です。

仕込み水は地元・五十嵐川(いからしがわ)の超軟水を使い丁寧に手をかけ、伝統を重んじた真面目造りが信条です。

アルコール分:15度
使用米:越淡麗
精米歩合:60%
コメントを投稿