2017年6月25日日曜日

鎌倉アジサイさんぽ #1 ―明月院とくつろげる甘味処・カフェ3選

鎌倉アジサイさんぽ #1 ―明月院とくつろげる甘味処・カフェ3選
 アジサイは日本原産といわれ、紫陽花青という和名もあるほど、日本になじんだ花です。梅雨時にしっとりと咲くすがたは見る人の心を晴れやかにします。今回は、例年6月中旬に見ごろを迎える北鎌倉にあるアジサイの名所「明月院」と、散策途中に寄りたいカフェや甘味処などを3つ紹介します。

あふれるように青い花が咲く“アジサイ寺”。「明月院」

 多くの品種はヒメアジサイ。ほかにガクアジサイも見られる

 
 
JR北鎌倉駅から徒歩約10分の明月院は、通称“アジサイ寺”と呼ばれるアジサイの名所。2500株の青や薄紫の花が境内を彩ります。花が満開になるころには門前に行列ができるほど多くの人でにぎわいます。6月は8:30から開門しているので、ゆっくり鑑賞したいときは早めの時間に訪れましょう。 
 
 明月院(メイゲツイン)
0467-24-3437
9:00~16:00(6月は8:30~17:00)
無休

 

香り高いスペシャルティコーヒーを味わえる「石かわ珈琲」

カフェ&ビーンズショップ「石かわ珈琲」では、世界中の農園から厳選された豆を直火式焙煎機を使ってローストした、本格派のコーヒーが楽しめます。個性豊かなシングルオリジンのほか、「きたかまブレンド」「めいげつブレンド」などのオリジナルブレンドもありますよ。

 



 気に入ったコーヒーはぜひ自宅用にもオーダーして










手作りチーズケーキとコーヒー900円



 

石かわ珈琲(イシカワコーヒー)

0467-81-3008
11:00~18:00(閉店、時期により異なる)
水・木曜、不定休あり


 

「茶寮風花」でおいしくて愛らしい「うさぎまんじゅう」

 明月院通り沿いにある喫茶、「茶寮風花」。名物「うさぎまんじゅう」は、うさぎをかたどった形がかわいらしいと評判です。中にはほくほくの栗あんがたっぷり入っていて、蒸したてをいただけるのもうれしいですね。宇治の抹茶やコーヒーとのセットにもできますよ。




木々に囲まれた外観







  



うさぎまんじゅう、よもぎ団子の抹茶セット800円



茶寮 風花(サリョウカザハナ)

0467-25-5112
10:00~17:30(L.O.17:00)
水曜、祝日の場合は翌日休

 

「三日月堂 花仙」の上質な素材にこだわった甘味

 「三日月堂 花仙」には、鎌倉の四季の花を表現した上生菓子やどら焼き、もなかがそろいます。店内では、吉野葛や北海道の大納言小豆、沖縄の黒糖など、国産の上質な素材を使用した「くずきり」や「白玉ぜんざい」がいただけます。注文を受けてから作られるので出来たてを堪能できますよ。 

 くずきり950円。最高級の吉野葛や希少な沖縄・波照間産の黒糖をつかっている

三日月堂 花仙(ミカヅキドウカセン)

0467-22-8580
9:00~17:00(L.O.16:30)
月曜、祝日の場合は水曜

 

今回のおさんぽマップはこちら

 *****
北鎌倉にはほかにも円覚寺や建長寺、東慶寺など、アジサイや花しょうぶ、イワタバコなど季節の花を楽しめるお寺がたくさん。コーヒーや甘味で休憩しながら、花めぐりを楽しんでくださいね。 

 

【おまけ】鎌倉で見つけたかわいいおみやげ

 帰る前に、鎌倉ならではのかわいいおみやげはいかがですか?
甘味の老舗店から新進気鋭のショップまで。店先をのぞくのもわくわくします。

 

                  ことりっぷより 文:

 


 
コメントを投稿